素敵な和風素材の豆知識

布

和的な柄のそれぞれの意味

手ぬぐいや着物、染め物など、日本特有の模様が描かれた生地を和柄と言います。和柄は文様を意味しており、この文様を、規則正しく並べたものや、自然をモチーフにしたものを和柄と言います。現在は、柄やパターンとして、生地に限らず、さまざまなものに和柄が使われています。もともとデザインされたのは、平安時代中頃にまでさかのぼります。平安時代初期や奈良時代、飛鳥時代に、日本から中国へ、遣隋使や遣唐使を派遣したことで、中国のデザイン文化が日本にも伝わることになりました。それまで日本には、独自の文化というものがありませんでしたが、平安時代になると、中国文化を独自にアレンジした絵柄が、貴族の間で広まりました。数百年もの歴史の中で、日本の伝統や紙器の模様が取り入れられ、現在のデザインになたりました。和柄には、まさに、日本人独特の感性と美のセンスがつまっています。和柄にはさまざまなデザインがあり、それぞれに意味が込められています。蝶の模様は、さなぎから蝶になることから、変化を表す文様として生地に描かれました。麻の模様は、大麻の葉の形に似ていることから名づけられました。麻は上手ですくすくとまっすぐに伸びることから、子供の産着の生地の模様に使われていました。涼しさを表現した流水模様は、浴衣などの生地にぴったりです。桜の和柄は、日本を代表する花として、季節やシチュエーションを問わずに使われます。和柄は、生地だけでなく、和紙、やマグカップ、ネイル、小物入れなど、さまざまなものに使われており、和柄が少し描かれるだけで、とても個性的なおしゃれなアイテムに変身します。1つ1つに込められた和柄の意味に注目しつつ、何かアイテムを作ってみると、思い入れのある、いつもとは違う作品に仕上がることでしょう。